こうさんの日常あるいはグルメな日々-東京グルメ日記-
都内中心の美味しい店を紹介してます。グルメサークル「東京グルメ」の活動記録や個人的に食べ歩いたお店を5段階で評価。他に日常のくだらない話や趣味(映画や音楽)の話など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・デッサン(フランス料理)-牛込柳町-2回目
←情報満載
2005年11月13日(日)
「東京グルメ」第9回の食事会で、牛込柳町の「ル・デッサン」(フランス料理)に行きました。
参加者は、エンヤさんととさん豊永くん高木くん

DSC00286-2.jpgDSC00287.jpgDSC00289.jpg
・アミューズグル(お通し)は、チーズの入ったプチ・シュー 
・アミューズ(前菜の前の1口料理)ひとくちスープ
・パンは温かくて香ばしくて、お腹一杯になって後悔すると分かってても食べてしまいました。美味しい♪

DSC00291.jpgDSC00292.jpg
Hors-d'oeuvre オードヴル
・焼き栗のババロア、名古屋コーチンの卵と生クリームのムース
・豚舌とグリーンピース・枝豆のテリーヌ ギリシャ風野菜添え


DSC00293.jpgDSC00295.jpg

Hors-d'oeuvre オードヴル
・フォアグラのクリーム・ド・ブリュレ風(本日のオードブル)
・タスマニア産サーモンのマリネとイクラのガトー仕立て じゃがいものチップ添え


この2皿はとにかく濃厚!特にサーモンのマリネは、サーモンのやや塩辛い旨みとまろやかなクリームが口いっぱいに広がり、ワインかパンが欲しくなります。じゃがいものチップと一緒に食べるとサクサクした食感も楽しめて美味しい♪

DSC00298.jpgDSC00299.jpg
Poisson ou Viando メインデッシュ
・仔羊の“クスクス”・・・Le Dessin風

クスクスは世界最小の粒状パスタ。もともとモロッコ、チュニジアなど、北アフリカの郷土料理だったのが、植民地時代にフランスに広く伝わったそうです。

この食感と独特の臭いは好き嫌いが分かれます。俺は平気だけど、豊永くんはダメらしい。野菜がたっぷりのスープをかけて食べます。仔羊はトロットロで、チョリソーも美味しい。欲を言えば仔羊の下味がもう少し濃ければ4つでした。ま、好みの問題ですが。

DSC00297.jpgDSC00296.jpg
Poisson ou Viando メインデッシュ
・沖縄産ことぶき豚のスネ肉 マデラ酒煮込み
・静岡産 麦豚の“豚とろ” 白ワインとケッパー、オリーブのフリカッセ


“ことぶき豚”はエンヤさん曰く「はじめ人間ギャートルズに出てくるような」巨大なスネ肉で、女性はもちろん男でも食べきれるか?って感じです。これで店は採算取れるのかこっちが心配になります。あ、もちろんエンヤさんはギブアップだけど、高木くんは完食です(笑)

“豚とろのフリカッセ”は今日の1番の料理です。これを注文した“ととさん”を全員が羨望のまなざしで見てました。豚とろ(首の部分)は最初に焼いて脂を落とし、それから5時間ほど煮込んだそうです。そのため脂っこさは全くなく、お肉とソースの旨みが最高に美味しいです♪

DSC00300.jpgDSC00301.jpg
Dessert デザート
・コーヒーのパルフェを隠したモンブラン・・・Le Dessin風
・ココットに入れたチョコレートの焼き菓子“ショコラ ショー” アーモンドのクリームとバニラのアイスクリーム


秋はやっぱりモンブランと思い注文。“パルフェ”は卵黄に砂糖やホイップクリーム、フルーツピューレなどを混ぜて冷やし固めたアイスクリームだそうです。サクサクでした。モンブランはとっても甘いけど、マンゴーのソースを付けるとさぱっり。

“ショコラ ショー”この店の定番。熱々で濃厚なチョコの味が最高に美味しいです♪

DSC00302.jpgDSC00303.jpg
Dessert デザート
・その場で焼き上げるあつあつバナナのタルト、牛乳のアイスクリーム添え
・洋梨のコンポートとフロマージュブランのムース、黒胡椒をきかせたチョコレートのアイスクリーム添え


“バナナのタルト”は過去に3回食べた私のお気に入り。今回は高木くんが注文。バナナの良い香りと熱々のタルトが本当に美味しい♪アイスがどんどん溶けてタルトのパリパリ感がなくなるから早く食べましょう。

“洋梨のコンポート(シロップ煮の果物)”はさっぱりしてます。下の層にある“フロマージュブラン(水分が多く、乳脂肪分の少ない柔らかな白いチーズ)”のムースはヨーグルトのような酸味とチーズのコクがあって、一緒にすくって食べると美味しい♪

※ちなみに本日のデザートは“マンゴーのスフレ”だったけど、スフレが何だったか“ど忘れ”してしまい、両隣のお客さんに運ばれてるのを見て思い出し、激しく後悔しました。食べたかった。自分のバカ(゚Д゚#)。トラ猫さんの食べっこ動物園日記に美味しそうなスフレの画像があります。

DSC00306-2.jpgDSC00305-2.jpgDSC00290-2.jpg
Cafe ou The
・紅茶 ・ハーブティー
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー Muscadet sevre et maine sur lie
 (Domine de la Pepiere)


(感想)
木の温もりが感じられる可愛らしくて清潔な店内。ドレスコードはなく、家族や友人たちとの食事やデートにも最適な空間です。

マダムの飾らない接客も心地良いし、帰りはオーナーシェフの増田氏も店外で深々とお辞儀をしながらお見送りしてくれます。

今回のお会計は、5名で 27,450円(1人当り 5,490円)でした。
コース 3,900円×5人分
追加料金のメニュー(+500円)・フォアグラのブリュレ×1人分・ことぶき豚のスネ肉×2人分
グラスシャンパン 1,050円
キール 750円
デュボネ(薬草や香草で香味つけた食前酒) 750円
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー(白ワイン・ボトル) 3,900円
※全て税込

何回来ても良いお店です!このお値段では考えられないくらい手間隙かかった料理の数々。野菜を上手に使っていてポーションも大満足。特筆すべきはデザートの完成度!これだけでもこの店に行く価値があります。これでサービス料も取らないんですから驚異的です!!

  ル・デッサン
Le Dessin  
●新宿区原町2-6-7 ハイツエムエス1F
●大江戸線・牛込柳町駅より徒歩10秒
●TEL 03-3353-2223
●営業時間 12:00~14:00(L・O)18:00~21:30(L・O)
●水曜・第3火曜定休
●席数 14席
●ディナーコース A 3,900円  B 5,250円
サービス料なし

読んで頂いてありがとうございます!
このブログを応援して頂ける方は を1クリックして頂けると嬉しいです♪


グルメサークル「東京グルメ」のホームページはこちら my-banner2.gif
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ



プロフィール

こう

Author:こう
■年齢■30歳
■趣味■食べること



カテゴリー(タグ)

東京グルメ食事会 (25)
東京グルメ・イベント (11)
東京グルメ・サークル紹介 (3)



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索



ブログランキング

人気ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ



最近のトラックバック



RSSフィード



アクセス解析3





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。